しじーみらいふ

特に劇的なことは起こらない乳がん再発ブログ

乳がん告知(回想録)

今晩は、しじーみです。  

気が付くと乳がんを告知されてから、間もなく10年。

cyusyaPAS01313_TP_V.jpg

だからという訳でもないんですけど、丁度いい節目でもあるので初発乳がんの事を振り返って書いています(後付けです)  

この記事は10年前の体験を思い出しながら書いているので思い違いや、今の診察・治療・診断方法とは異なる場合がありますので参考程度に読んでくださいね!

 

最初から読む方はこちらから

『乳がんと分かるまで・その1』

 

前回の記事はこちらから

『乳がんとわかるまで・その5』

 

乳がん告知   前回では外科的生検という日帰り手術で、胸のしこりを摘出したしじーみさん。  

 

これで本当に良性か悪性の結果がわかる。

 

早いもので、初めて診察を受けてから一ヵ月が過ぎていました。  

 

検査結果は一人で聞きに行きました。  

なんだろう、その時は不安で眠れなくて食欲落ちたりしてたくせに、本当に乳がんって告知されると思ってなかったんだよね(笑)  

なんか吹っ切れちゃって、一緒に聞きに行こうかという両親の申し出を断って、今までで一番落ち着いて病院に向かいました。  

 

そうしたら、がん告知(笑)  

 

随分後でなんですが、いきなりガンと告知すると本人のショックが強いから直ぐには告知せず、検査検査で何回か病院に通ってもらいつつ悪性を匂わせ、心の準備をしてもらって告知をするという噂を聞いたのですが、本当なのかな?  

 

不確かなんだけど、それを聞いた時に妙に納得してしまったよ(笑)  

お陰で乳がん告知は「あー、そうだったのか」と、それほどショックを受けずに聞けました。  

なんなら主治医があっさりと「しじーみさん。この前摘出したしこりね、残念だったけど悪性でした」と告知して下さいました(笑)  

ドラマなんかでよく主人公が重い病気を医師に告知されるシーン、なんてあるじゃないですが。  

あんな風に重苦しい空気の中で自分の病気を知り、絶望に打ちひしがれると思っていたけど、全然あっさりでした。  

 

えー? 

あれー? 

嘘でしょ!? 

家族も同席してないのにこんなにあっさり告知されるー??  

 

なんてそっちにビックリしてたけど、よくよく考えたら問診用紙に『癌の診断が出た場合、本人に告知しますか? 本人には告げずに家族に伝えますか?』的な項目があって、「いや、そんなのバッチリ本人が聞くに決まってるじゃん!」って本人に丸付けてたのよね。  

 

それかーっ!!って、私の頭は全く違う事を考えてました(笑)  

 

やっぱり混乱してなんでしょうね。  

告知を終えた主治医は「取り合えず家のことや仕事なんかのこともあるでしょうから、治療についての話は次回の診察でしましょう」と、診察の予約を入れてくれました。

この時は本当に涙とか出てこなくて、『えー? マジかーっ!!』という言葉で一杯。

病院から乳がん治療のガイドラインの冊子を渡されて、それをバッグに押し込んで帰宅しました。  

帰宅した私にいつも通りに「お帰り」と言ってくれた両親に、「検査結果は乳がんだった」って伝えた時の二人の顔に、乳がんにになって申し訳ないという気持ちで一杯になりました。  

 

乳がんになったのは誰のせいでもない。  

 

そう思えるようになるには、長い長い時間を要します。

 

『乳がんと告知されて・その1』へつづく