しじーみらいふ

特に劇的なことは起こらない乳がん再発ブログ

乳がんと告知されて・その2(回想録)

今晩は、しじーみです。  

初発乳がんのことを振り返って書いています。

cyusyaPAS01313_TP_V.jpg

この記事は10年前の体験を思い出しながら書いているので思い違いや、今の診察・治療・診断方法とは異なる場合がありますので参考程度に読んでくださいね!  

 

最初から読む方はこちらから。

『乳がんと分かるまで・その1』

 

前回の記事はこちらから。

『乳がんと告知されて・その1』

 

乳癌と告知されて・その2(お仕事どうしましょ?)  

胸にしこりがある事に気付いてから一カ月後、ようやくその正体が分かったのは良いけど、なんとガン!  

主治医は告知の際に直ぐ、手術日を一ヵ月後に仮予約をしてくれました。  

 

それは私がこれからどうするか、考えるための猶予です。  

 

乳ガンであることを家族にも職場の上司にも報告しなくちゃいけないし、セカンドオピニオンは受けるのか、自分はどんな治療を望んでいるのか考えなくちゃいけない。  

いや本当、自分がガンだったって事で手一杯なのに、決めなくちゃいけない事が山積み過ぎる。  

ちなみに両親は私が乳がんだと聞かされてビックリしてたものの、それほど慌てませんでした。  

既に検査目的ではあるけれど腫瘍は摘出しちゃったし、当時から乳がんは生存率が良いとされていましたからね。  

ご近所や知人なんかでも乳がん治療を受けて元気な人は沢山いたので、治療は大変だろうけど大丈夫って思いが私にも両親にもあったんだろうなー。  

お陰で私も冷静でいられたんだけど。  

セカンドピニオンは受けるつもりありませんでした。  

胸のしこりに気付いた私はきっと病院で『なんでもっと早く気付かなかったの!?』とか、『検診は受けてないの?』なんて怒られるんじゃないかと思ったけど、そんな事はなく。  

検査の時も告知の時も主治医はあっけらかんとしていて、自分も深刻にならなくていいなーって思ったんですよ。

私がストレスなく診察を受けられるなーと思ったんです。

ガイドラインやネットでの情報収集で治療方針には納得していたし、だったら別にセカンドオピニオンを受ける必要はないなーとその病院で治療することを決めていました。

 

そうなると、後は仕事について。  

 

手術日前後は休まなくちゃいけないし、抗がん剤も受けると決めたから三週間に一回の投与日はもちろんだけど、体調によってはお休み頂かないといけなくなる。  

そんなに休ませてもらえるんだろうか?  

なにより抗がん剤治療を受けながら仕事なんてできるんだろうか?  

この時の私は『もう仕事を辞めるしかない』と思っていました。  

その事を両親に相談すると、二人とも『辞めない方がいいんじゃない?』という意見。

まだ上司に相談もしてないのに、決める必要はないだろうと。  

まずは病気の事を報告して、それからでいいんじゃない? とのこと。  

確かにそうだよね。

まだ話をしてないのに、勝手に決める必要もないか。

辞めろと言われれば辞めればいい。それくらい気楽な気持ちで上司に時間を頂き、話を聞いて頂きました。 

 

話し合いは直属の上司と更に上の役職の方、私の三人で行われることに。  

胸のしこりに気付いて病院で検査を受けたこと、なかなかはっきりとした診断が付かず、最終的に腫瘍を摘出して乳がんと告知されたこと、今の段階で手術と抗がん剤治療が決まっていることを伝えると二人ともとても驚いていました。  

「大変ご迷惑をおかけすると思うのですが、できれば仕事を辞めたくありません」と伝えると「直ぐに辞める必要はない。取り合えず休みなどの調整は何とかするから、まずは治療をしながら働いてみては?」と、有難いお言葉。  

この職場には再発が分かった後も、暫くお世話になりました。  

私の肉体的に仕事と治療の両立が難しくなって辞めてしまったけれど、抗がん剤治療の副作用でポーンと38度台の熱が急に出た時も、お互い様だからとやりくりして休ませてくれた職場。  

 

本当に足を向けて寝れない。  

 

乳ガンのことも必要最低限の人にしか言わないでいてくれたので、随分後で乳がんの話しをしても知らなかったと驚く人ばかりで個人情報もバッチリ守られていました。  

そんな職場のお陰で、私は仕事と治療の両立させようと決心するのでした。

 

『乳がんと告知されて・その3』へつづく