しじーみらいふ

特に劇的なことは起こらない乳がん再発ブログ

しじーみ流ジュース

乳がんをだけじゃなく、自分がガンと分かると多分大体の人が始めてしまうのではと思う野菜ジュース作り。

「葉物野菜とポットに入った青汁、グラス」の写真

私も乳がんを告知された10年前は毎朝一生懸命ミキサーで人参やリンゴ、キャベツなんかを一緒に粉砕して飲んだもんです。  

でもミキサーだと栄養が壊れちゃうからジューサーがいいとか、野菜を煮出したスープを飲んだ方が沢山栄養を摂れるとか、具も食べた方が良いなど、調べれば調べる程なにがいいのか分からなくなりました(笑) 

でも一つ言えることは、生でも加熱したものでも野菜を多く摂ると肌の調子はいい!  

やっぱり野菜は多く摂った方が体に良いってのは間違いない。  

最近肌荒れしてるので、ここは野菜を摂るしかあるめぇ。  

でも、問題はどうやって摂るか。  

毎月行われている血液検査をみると、栄養面は特に問題なさそう。  

でもお腹の調子が悪くなりやすいので、私の場合は腸内の環境を整える為に食物繊維を多く摂りたい。  

ずーっと悩み続けて、とうとうこれを買ってしまった……

BRAUNのブレンダー。   

 色々な機能の付いているブレンダーが沢山売ってますが、私の買ったブレンダーは『潰す』『混ぜる』のみ。  

お料理が趣味の人は色々な機能があっても使いこなせるんだろうけど、私は野菜と果物を攪拌させるだけなので、この安いブレンダーに決めました。  

ミキサーとどちらにするか迷ってたんですが、ブレンダーだと付属の容器だけじゃなく鍋にも直接いけるので、こっちの方が便利かなーと思ったんです。  

ミキサーって結構場所も取るしね?  

さて、新品ブレンダー開封の儀。

中身はブレンダー上下、計量カップ、取扱説明書兼レシピ集。  

ブレンダーを合体させてみましょう。

うん、こうして立てるとかなりスリム。

持ってみると軽いし、場所も取らないので良い感じ!  

ではでは、野菜を切ってジュースを作ってみます。

……と思ったら、野菜があんまりなかった(涙)  

キャベツ・トマト・人参をてけとーに小さく切って投入。

それを付属の計量カップに入れて〜。

ちなみにこの計量カップは600mlまで入れられます。  

果物が全くないので、このままだと水分がないのでこちらを投入。

一日分のマルチビタミンが入ってるというジョアブルーベリー味。  

そこに最近お気に入りのオーガニックレモンストレート果汁を大さじ一杯投入。  

うーん、それでも水分足らなそうなので少しだけ牛乳も加えました。    

んー、なんだか不安の覚える色合いだけど、ブレンダー始動!  

おお? 20秒くらいでブレンダーが底に触れた?  

え? もう攪拌されたの?

んー? 

んんー? 微妙な色……

カップに移してみよう。

んー……、試飲……ん!?  

見た目あれだけど、ジョアのほのかな甘さとレモン果汁が野菜臭さを消して、意外に美味しい!!  

ちゃんと野菜も攪拌されてて水分が少なくてドロッとしてるけど、良い感じ。  

緑色のボタンがゴムでできていて、押すとフニャっとした感じ手ごたえがないのと、押し続けないと歯が回転しないので長くブレンドさせるには大変かも。  

でも私みたいに野菜ジュース(これってジュースに分類していいのか?)とか、ポタージュなんかに作るには短時間でできそうなので十分。  

これから寒くなってきたら、野菜のポタージュを作りたいと思ってたのよね。  

よし、野菜摂るぞ〜!  

あ、ところでさ、ガンになると手軽で体に良いってことで青汁とかグリーンスムージーとか、メープル重曹とか色々なものを試してしまうあまり、他の人が苦手だという健康食品の味もだいたい飲めるようになりません?(笑)  

 

私だけ?