しじーみらいふ

特に劇的なことは起こらない乳がん再発ブログ

昨年はなんで痛みを我慢したのだろうか・・・(入院9日目)

スポンサーリンク

手術日から二日目の今日。

手術前には寝る事に苦労していた私ですが、流石に昨晩はよく寝れました。

ほぼ二日くらいまともに寝れなかったもんねー。

そりゃ流石に体が睡眠を欲します。

手術前は手術の緊張で(眠剤は服用)、手術当日の夜は数時間おきにアレコレとチェックしにくる看護師さんの気配や、点滴交換時に声をかけたれたりするので寝れないのですよ。

まぁこれは仕方ないんですけどね。

でも毎回思う。

昨晩寝てないから、麻酔効果でそのまま翌朝まで寝かせてくれー!!と(笑)

もうね、手術台に乗せられてポンと顔にマスク乗せられたら、次の瞬間には手術終わってるからね。

幸いな事に私は麻酔による副作用とか出ない体質なので麻酔が切れれば意識ハッキリだし、吐き気も無いので前日絶食だとお腹も空く(笑)

ICUの夜が長かったー、本当に。

二回目で流れが分かってるから余計に『退屈だー』でした。

でも今回は流れが分かってるからこそ痛み止めの追加時が分かって、今回は『あ、ヤバイかも』と思ったら即プッシュして頂きました。

手術から胸腔ドレーンが抜けるまでの間、背中から24時間痛み止めが流されているのですが、痛みが強い時は看護師さんにお願いするとボタンを押して痛み止めを多めに流してもらえるのです。

でもさ、このお願い時が分からなくて押してもらうのをためらったりしたのよね。

このくらいなら大丈夫かな?と様子見したら、体起こそうとした途端に脂汗が出るくらい痛くなったりとか。

今回はもう迷わず押したので、非常に楽!

痛み止めが合わなくて吐き気に苦しむ方もいるらしいですが、私は幸いそれがなかったので痛みが強くなったなーと思ったら迷わずプッシュ。

そしたら痛みってここまで抑えらえれるのー!?ってくらいに体が楽でした。

この痛み止め、こんなに痛みを軽減させてくれるんだ・・・何で我慢してしまったんだ、昨年の私!!

そんなわけで術後は順調に過ごしております。

スポンサーリンク