しじーみらいふ

特に劇的なことは起こらない乳がん再発ブログ

手術用の点滴ルートをどこで確保するか問題(入院6日目)

スポンサーリンク

さてさて、とうとう明日は決戦日。

 

なんとか体力を温存させつつ、ここまでやってきました。

なんつーか・・・これで手術も三回目だよ。

そして大人だよ。

それでもこんなに自分の体調コントロールで苦労するのだから、手術を控えてる小さなお子さんをお世話する親は本当に大変だと思います。

 

このビビリな性格、本当に治したいわ〜(涙)

 

さて手術が決まってからずーっと気がかりあった手術用の点滴ルート確保。

長期間抗がん剤治療してきましたからねぇ・・・手術用の点滴の針が通せるような太くてイキのいい血管はありませーん!

で、今回はその問題を解決すべく、二の腕からカテーテルを入れて頂きました。

Piccと言うらしいです。

気になる方はグーグル先生にお尋ね下され。

処置はベッドの上でして頂けました。

胸に六角形? 円形? の平たい機械を乗せられて、局部麻酔をしてもらって二の腕に何かされてるなーと思ったら終わり。

30〜40分程度の処置で、痛かったのは局部麻酔の注射のみ(笑)

思ってたよりも時間かからず。

これで看護師さんを悩ませなくて済むわ~!

そして私も痛くない!

うれしー!

そしてPiccのもう一つの利点は、採血もできちゃうところ!

ありがたやー、ありがたやー!

最大の悩みが消えたので、本日は眠剤を頂いて早めに寝ます。

それでは!

スポンサーリンク