しじーみらいふ

特に劇的なことは起こらない乳がん再発ブログ

初発乳がん治療・初めての手術その3(回想録)

スポンサーリンク

10年前に乳がんで人生初の手術入院をした当時を振り返ってます。

f:id:siji-milife:20200930232924p:plain

もしこれから手術を受けるという方は、今とは手術方法が変わっていたり私の記憶があやふやだったりするので参考程度に読んで頂ければと思います。

ついでにこれから手術を受ける、抗がん剤治療を受けるという方で高額療養の『限度額認定証』の申請はしてますかー?

多分入院手続きについて病院側から説明されるときに「申請しておいてくださいね」と案内されるかもなんですが、病院によっては説明されない場合もあるようです(単なる説明忘れもあるかも)

え? それって何?ってもし思った方は、自分の健康保険組合の公式HPとか窓口で尋ねたりしてみましょう。

グーグル先生に『自分の保険証の健康保険組合 高額療養費制度』で教えて貰ってもいいかも。

ザックリと説明すると、医療費が高額になっても自己負担額は一定額ですよ~って制度です(本当にザックリ)

後から申請しても差額分はちゃんと戻ってくるんですが、窓口で3割負担額でも結構ビビらせてくれます(笑)

手術入院はもちろんだけど、手術前に抗がん剤治療を開始する方も申請しておくといいかも。
特にher2陽性の方!
ハーセプチン等の抗her2剤めっちゃ高いですよ(涙)

ガン治療って本当にお金かかるなぁ・・・ 


さて、続きを書く前に前回の記事はこちらから。

siji-milife.xyz

初めから読む方はこちらをどうぞ。

siji-milife.xyz

さて、手術日まで体温がずっと37.0~37.4台だったり、手術台でおパンツ脱ぐ羽目になったりと色々とありましたが無事に手術を終えたしじーみさん。

手術は午前中で手術は麻酔から覚めるのも合わせて約2時間で終了。

説明して頂いた通りに終わりました。

「しじーみさーん!」って名前を呼ばれて目が覚めると、周りでスタッフの人達が慌ただしそうに動いてる。
この日は確か私と同病の方のオペが私を含めて3件あって、私は一番手だったので次の準備をしていたのかもしれませんね。
あ、手術終わったんだー。「それじゃぁ麻酔入れますね」って言われた後の記憶全然ないわーなんて思いつつ返事しようと思ったら声が出ない!!

ええーっ!? 

もう一度看護師さんに名前を呼ばれたので何とか返事しようとするんだけど、もの凄く掠れてる。口をパクパクさせながら看護師さんに「声が出ない」って何とか伝えると、看護師さんも分かってくれたようで、麻酔科の先生に報告してくれました。
直ぐに麻酔科の先生が診てくれたのですが、全身麻酔の際に口に入れた人工呼吸の管で声帯に影響が出たらしい。
でもこれは一時的なもので直ぐに回復しますよ~と説明してくれました。
そういや手術前に受けた麻酔の説明でも同じこと言ってたな。
まさか自分の声が全く出なくなるとは思わなかったけどね。
声は出ないけれど意識ははっきりしてるという事で、手術室から一般病棟へ戻されます。
肺の手術の時は翌朝までICUで過ごしたけど、乳がん手術は体の表面しか切らないからかな?酸素マスクとかカテーテルとか、管には沢山繋がれてるけどストレッチャーで運ばれて一般病棟の自分のベッドに戻されました。
手術が終わるまで待ってた両親と約3時間ぶりに顔を合わせたんだけど、声が出ないので全く会話がなりたたない(笑)
でも術後で痛みもないし、麻酔から覚めて意識もはっきりしてるし、声が出なくて笑っちゃってる私をみて両親は元気そうだとホッとして帰りましたとさ。

でも大変なのはそこからなんだけどね。

長くなるので、続きはまた明日!

初めての手術その4へつづく

siji-milife.xyz

 

スポンサーリンク