しじーみらいふ

特に劇的なことは起こらない乳がん再発ブログ

一向に回復せぬ血小板の数値

今年の初めに受けたCT検査で増悪していたため、1年4ヵ月ほど共に戦ってくれたカドサイラとサヨナラして間もなく半年になろうとしてる。

カドサイラの副作用の一つに、血小板の減少がある。  

私はカドサイラでの治療を開始して半年過ぎたあたりからちょっと血小板の数値が下がってしまい、これ以上下がると体内で出血なんかが起った時に大変になるという事で少し減量して続けた。  

減量のお陰で血小板減少はストップしたけど、上がりもしない。  

ずーっと数値は10のまま。

基準値は15.8〜34.8なので、低い。  

この数値が低いから体調が悪くなる……なんてのがないから、自分的には特に問題を感じてはいないんだけど。  

もしかするとこの血小板の数値はもう基準値内に戻ったりはしないのかな〜なんて、ちょっとだけ黄昏てしまう。  

ちなみに今のフェソロと抗her2剤の治療では血小板以外は全て基準値内なので、数値見るだけでも元気が出てくる(単純)   んん〜、旅行いぎだい〜!!  

ちょっと体力に自信が無くて遠出は難しいんだけど、気分転換になるようなところに出かけたいですね〜。  

この連休は主な観光地も賑わってるようで、羨ましくて私も出かけたくなるけど、もうちょと我慢かな?   自分でもまだ抵抗力が回復してないの分かるからな〜。  

無理はしないでおこう。  

そうそう、検査で増悪が認められたために投薬中止となったカドサイラですが、肺以外の転移は防いでくれていたので再びお世話になる機会もあるかもです。