しじーみらいふ

特に劇的なことは起こらない乳がん再発ブログ

清算ラスワン

しじーみさんは今、乳がん再発治療のためにフェソロデックス筋注とトラスツズマブBS&パージェタで治療中です。

ドセタキセルやカドサイラの時のようにブログに「カドサイラ●回目」とか書かなくなりましたが、ちゃんと毎月病院に行って投与してもらってます。  

というか、フェソロデックス筋注とトラ&パーの休薬期間が違うので、月に3回くらい病院に行くことになってます。  

「ちょっと通院するのが大変かもしれないけど……」と申し訳なさそうにしていた主治医に、無職だし、コロナの影響でどうせ外出しないから「大丈夫です!」ってあっさりOKしたけど、開始してみると何気に忙しい。  

でもこれも11月頃には月一ぐらいの通院になっていく予定です。  

それまでもうひと頑張り!  

でもまぁフェソロデックスは10分もかからないし、トラスツズマブBS&パージェタは一時間半くらいで終わるので処置を受ける時間は非常に楽。  

ちなみにしじーみさん、パージェタをパジェータと発音していた時があります。  

何も言わずに聞き流してくれた看護師さんには、圧倒的感謝(笑)  

そのパージェタ&トラスツズマブBSは三週間に一回、フェソロデックスは4週間に一回、今のところ治療が始まってから一度も重なってません。  

どうしてもね、休日やらお盆後の混み具合で投与日がズレたりするので上手くいかなかったんですよ。  

先日はトラスツズマブBS+パージェタの投与があったんですが、ケモ室がムチャクチャ混んでいて、久しぶりに点滴が終わった時に誰もいないというのを経験しました(笑)

 

 清算がラスワンだった。 

 

ちょっと遅くなっちゃったな―ぐらいだと外来の待合室にスーツ着た営業マンっぽい人(多分製薬会社の人?)の姿が沢山見えるのに、この日は誰もいなかったよ。  

清算窓口には、受付のおねいさんが一人ぽつんと私の清算を待っていたよ。  

ヒョェー!  

ドセタキセル+ハーセプチン+パージェタを投与してた時はいつも最後から2〜3番目くらいだったけど、ラスワンは初めて!  

最近は陽が沈むのも早くなってきたから、辺りも病院を出た時は辺りも薄暗くなっていて、どっと疲れました。  

もうしばらく最後の一人になりたくないなー。