しじーみらいふ

特に劇的なことは起こらない乳がん再発ブログ

脱ウィッグは遠く

私は今のフェソロデックスによるホルモン療法にて治療開始する前は、カドサイラという抗ガン剤にて治療をしてました。

006ELLY18420_TP_V.jpg

このカドサイラ、血小板が減少したり肝臓の数値がちょっと上がったりしたものの私はほぼ副作用を感じることはなく、ECやドセタキセルと比べると非常に楽でありました。

 肺にある腫瘍を小さくする事は出来なかったけど、成長を遅めてくれたし他の臓器に転移させなかったのはかなり優秀なのでは? と思ってます。

 

何より脱毛が無いもんねー!  

 

しかも乳がん再発治療でよく耳にしてたこのカドサイラ、どうやら早期乳がんの術後療法にも承認されたもよう。

 

カドサイラがHER2陽性の進行・再発乳がんに加えて、早期乳がんに対する術後薬物療法の適応追加承認を取得 手術前の薬物療法により病理学的完全奏効(pCR)が得られなかったHER2陽性早期乳がんの予後を改善する、手術後の新たな治療選択肢を提供 (中外製薬公式HPより)

 

www.chugai-pharm.co.jp

実際に早期乳がんの患者さんがいつからカドサイラを選択できる日が来るようになるのは分かりませんが、体にダメージが少なくガンには効果的な薬が選択肢に増えてくれるのは嬉しいところ。  

私はカドサイラの前にドセタキセルでの治療をしていたので、坊主生活してました。

しかしそれなりに頑張ってくれたドセさんの効果が薄れ、カドサイラに変更となって約1年半。  

その後、肺の手術を行い、やっぱり脱毛のないフェソロデックスでの治療期間を足すと、約1年と10ヵ月。  

 

……まだ脱ウィッグ出来ていません。  

 

いえ! いえ! 髪は伸びて来てるんです!!  

 

脱毛が止まってから今日まで、2度ほどしじーみバーバーを開店させてバリカンでショリショリしました。  

 

ですが、圧倒的ボリューム不足!!  

 

つまり、薄い! 

 

地肌が見える!!  

 

ウィッグや帽子かぶらんと外出はできない。  

 

な〜ぜ〜?(涙)  

 

調べてみるとカドサイラは脱毛はしないものの、治療前よりボリュームダウンはあるようです(それって脱毛?)   あと私の場合は年齢とか、これまでの抗がん剤の影響とか、体質とか色々とあるのではなかろうかと。  

でも徐々にボリュームも取り戻しつつあるので、今年の冬は自毛で頭皮を寒さからガードできるかな?  

脱毛のことはこれから初めて抗がん剤を受ける人とかに「え? そんなに長い期間脱ウィッグできないの!?」って心配させてしまうかもなのですが、初発乳がんの術後療法でのEC全4回後は3カ月後ぐらいから急に凄い勢いで髪が生えてきたので不安にならなくても大丈夫です。  

ところで乳がんが再発して人生何度かの脱毛しては生えてくるを繰り返してるのですが、久しぶりに生えてきた髪がぐりんぐりんの癖毛になるのは何でだろう?  

暫くすると前の髪質に戻るんだけど、やっぱり薬の影響?  

 

それではまた明日!